和式から洋式トイレの相場

トイレリフォームの費用を知りたいなら

「良いリフォームができた!」と満足したいなら
あなたの家の「ベストなトイレを知る」「費用を知る」ことが大事!

簡単で手間いらず!一度に複数社の見積を比較できます!

ここからスタート!

費用と相場

節水トイレに換えるリフォームも多いですが、和式から洋式へのリフォームも多くなってきています。
現在では、家庭における洋式トイレの普及率は9割を超えているといわれています。

 

生活環境の変化を理由にリフォームするケースがほとんどです。

 

ご年配の方にとっての和式トイレの使用は、腰や膝への負担になってしまいますので、今はまだご本人が負担に感じてないようでも、いつかはリフォームする・・と考えているなら早めのリフォームをおすすめします。

 

トイレは1日に何度も利用する場所ですから、トイレにいくことが負担にならいようにしたいですね。

 

 

和式から洋式へのリフォーム価格相場

 

25万円〜40万円
*内訳* 商品代10万円〜15万円、施工費15万円〜25万円

 

 

昭和の一般的な和式トイレは、段差(1段高い)のあるものが多いので
便器の交換だけでなく解体工事や、壁や床の張替え、電気工事なども必要となってしまいます。

 

そうなると、洋式から洋式のリフォームと比較するとどうしても高くなってしまいます。

 

 

 


「高くなってしまう理由」

 

  • 和式トイレから洋式トイレへのリフォームは、床下などの状況などによって工事費が異なってくる。
  • 洗浄便座設置が初めてでトイレ内に電源コンセントがない場合は、電源工事も必要になる。
  • トイレの広さなどによっては便器の置き方などを工夫したり、トイレのスペースの拡張が必要になる場合もある。

 

いずれにしても、最適な方法や料金を知るためにも、複数の業者さんから見積もりをもらいましょう。
実際に現場を見てもらって相談をすれば、どのようなリフォームになるのか?料金はいくらか?がスッキリします。

 

費用だけでなく、業者との相性も気になります。(ぼったくられないか??とか)

 

そのためにも、複数の見積り書をもらってください。
今は複数の会社から見積もりをもらい、「比較してから決める」のは常識です。業者も認識しています。

 

最適な方法を知るためにも複数の業者さんに相談して後悔しないトイレリフォームにしましょう!

工事の流れ

和式トイレから、洋式トイレにする為にはどのような工事が必要なのか、大まかな工事の流れを説明していきます。

 

1.既存部分の解体

 

和式便座や床、段差部分等を解体して撤去します。
給水管の位置を変更するので、水道元栓を閉栓します。(1〜2時間程)

 

2.排水管の移設工事

 

和式トイレの排水管はそのままの位置では合わない場合が多いので、洋式トイレの位置に合わせて移設します。

 

3.解体した床や壁の下地補修工事

 

解体した部分(床や壁など)の下地工事を行います。

 

4.トイレ工事と内装工事仕上げ

 

洋式トイレを設置し、床や壁をクロスやパネル等で仕上げます。
トイレ設置時に止水栓接続のため、水道元栓を閉栓します。(30〜1時間程)

 

たった3分で優良リフォーム会社を選択できる方法

「良いリフォームができた!」と満足したいなら
あなたの家の「ベストなトイレを知る」「費用を知る」ことが大事!

簡単で手間いらず!一度に複数社の見積を比較できます!

 ⇒⇒無料で見積書や提案書をもらう