公的援助を利用する

補助金でリフォーム

シニア世代のトイレリフォーム(高齢社会のトイレリフォーム)トイレのバリアフリー化  
将来に備えるリフォームを考えてみます。

 

トイレは毎日利用する場所です。そして、年齢とともに使用回数も多くなっていきます。
そんなトイレを、快適に安全なスペースにリフォームしたいですね。

 

トイレは面積が狭く、限られたスペースのリフォームとなりますので、小さなプランの差が使い勝手を大きく左右します。
それなりの知識と経験のあるリフォーム会社に依頼したほうが良いでしょう。

 

また、介護に関わるトイレのリフォームでは、自治体や介護保険から補助金が支給されます。
補助を受ける場合、工事の内容(洋式便器への交換や手すりの取り付けなど)に条件があるので、プランニングを依頼する段階で必ずリフォーム会社に相談しましょう。

 

 

 

住み慣れた家に快適に長く住暮らすポイント

段差なし(移動のしやすさ・スペース確保)
転倒防止(手すり)
温水洗浄便座
扉をスライド式
緊急コールボタン