便座の種類

トイレリフォームの費用を知りたいなら

「良いリフォームができた!」と満足したいなら
あなたの家の「ベストなトイレを知る」「費用を知る」ことが大事!

簡単で手間いらず!一度に複数社の見積を比較できます!

ここからスタート!

便座はウォシュレットだけじゃない

昨今では、ウォシュレットタイプの便座が定番となり
ウォシュレットを設置している家庭が多くなっています。

 

*みんな付けているから、
*安いしとりあえず付けておく、

 

などの理由でつけているケースも少なくありません。

 

実際に使用頻度が低いようなら便器交換(リフォーム)の際に
普通便座や暖房便座してもいいかもしれません。

 

では、便座の種類を知ってそれぞれのご家庭の希望に合う便座を探してみましょう!

 

温水洗浄便座

温水洗浄暖房便座・・・・温水によってを洗浄する機能便座

*一般的にウォシュレットとよばれているものがコレです。

 

最近のモノは、節電、節水、清潔機能が優れていて
せっかくなので、新機能付きモノをおすすめします。

 

メーカーによって呼称が異なります。

  • ウォシュレットはTOTO
  • シャワートイレはINAX(LIXIL)
  • パナソニックはビューティ・トワレ
  • ジャニス工業はサワレット
  • 東芝はクリーンウォッシュ

 

 

 

価格は60,000円〜120,000円です。

 

なかには2万円台の低価格なモノもありますが、
古い機種になると、節電、節水、清潔面で機能が落ちますので
よく比較することをおすすめします。

 

 

 

【TOTOの例】

洗浄機能

洗い心地……色々な洗い方に合わせた洗浄機能

お掃除

フチなしウォシュレット…お掃除しやすいフチなし
お掃除リフト…便座との間をサッとお掃除
オート機能…人の動きに合わせて様々な機能が自動で動作
水面下げるスイッチ…水に跳ね返りを低減できる便利機能
セルフクリーニング…使用前後にノズル内側と外側を勢いよく洗うダブル洗浄

節電 他

やわらかライト…夜も便器の位置を照らしてお知らせ
オフタイム節電…環境に合わせて最適な節電
フレグランス・・・トイレ使用時だけ自動でほのかに香る

 

 

普通便座

普通便座・・・・シンプルな普通の便座

 

特にウォシュレット機能を必要としていないのであれば
普通便座のソフト開閉タイプで十分です。

 

 

 

【2つのタイプ】
ノーマル開閉タイプ……「バン!」と勢いよく閉まり、音も大きい。
ソフト開閉タイプ……そっとゆっくり閉まるので「バン」と音はありません。

 

 

いまどきのトイレの便座は、普通便座は珍しいかもしれません。でも、ウォシュレットが必要でなければ、無理につけなくてもいいと思います。必要になった時に、取りつけも可能なのですから。

 

ウォシュレットをつけずに普通便座にする際は、ソフト開閉タイプにしましょう。

 

ノーマル開閉タイプよりソフト開閉タイプの方が少し高いですが、1000〜2000円の差です。

 

本当にすごい音がするんですよ。「バン!」と便座と蓋が落ちてきます。
リフォーム前のトイレがそうでした(泣)

 

 

価格は6,000円位〜と低価格です。

 

予算を抑えたい方におすすめします。

 

 

 

設置工事も工具があれば簡単にできます。
便座を止めているネジを便器の裏から外し、新しい便座を取り付けるだけです。 (暖房便座の設置にはトイレに電源コンセントが必要です)

 

暖房便座

暖房便座・・・・座る部分を暖めるだけの便座

 

洗浄機能は必要ないが普通便座では物足りない、
便座を暖房機能だけ欲しいという方におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

機能も、ソフト開閉タイプ、自動脱臭機能付きがあります。

 

 

 

 

 

 

価格は12,000円〜25,000円です。

 

余計な機能はいらない方におすすめします。

 

 

 

設置工事も工具があれば簡単にできます。
便座を止めているネジを便器の裏から外し、新しい便座を取り付けるだけです。 (暖房便座の設置にはトイレに電源コンセントが必要です)

 

 

 

参考記事 >>便器の種類

たった3分で優良リフォーム会社を選択できる方法

「良いリフォームができた!」と満足したいなら
あなたの家の「ベストなトイレを知る」「費用を知る」ことが大事!

簡単で手間いらず!一度に複数社の見積を比較できます!

 ⇒⇒無料で見積書や提案書をもらう