トイレの広さ

トイレリフォームの費用を知りたいなら

「良いリフォームができた!」と満足したいなら
あなたの家の「ベストなトイレを知る」「費用を知る」ことが大事!

簡単で手間いらず!一度に複数社の見積を比較できます!

ここからスタート!

トイレの広さ

「トイレの一般的な広さは?」

 

リフォームを考えているなら、我が家のトイレの広さを知っておくことはとても大事です。
広さによって、交換できる便器も異なります。

 

一度、トイレルームのサイズは測ってみるといいでしょう。

 

 

 

一般的な一戸建て


 

0.5坪タイプ (1畳)  800o×1600o

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0.75坪タイプ(1.5畳)  1200o×1600o

        

 

カウンター付の手洗い器や収納を設置することが可能です。
介護者が付き添うスペースが確保できるので
将来のバリアフリー対策もできます。
1.5畳以上のスペースを確保できれば
理想的なトイレの広さといえます。

 

 

 

 

 

 

一般的なマンション 


 

0.4坪タイプ(0.75畳)  800mm×1200mm

        

 

奥行きが120cm、幅が半間の基本的なトイレです。
便器から前方の壁までのスペースは50cm以上あると
立ち座りが楽になります。
手洗い器の設置も可能です。

 

 

 

 

 

 

0.5坪タイプ  (1畳)  800mm×1600mm

        


奥行きが160cm、幅が半間の基本的なトイレです。
便器から前方の壁までのスペースは50cm以上あると
立ち座りが楽になります。
手洗い器の設置も可能です。

 

 

 

 

一戸建てや実家などで0.5坪の広さに慣れていると、
0.4坪タイプは手狭に感じてしまうかもしれません。
けれど今のトイレは、タンク不要なコンパクト便器が多くあります。
0.4坪タイプでも狭さを感じることもなく
広々と感じることが出来る作りになっています。

 

 

トイレの出入り口

 

リフォームの際に、この先のことを考えてトイレの入口の扉は、
外開きドア引き戸をおすすめします。

 

マンションリフォームの場合は、間取り上難しいこともありますが
将来のコト(介護)のことも少し考えておくことも大事です。

 

 

ドアの開口部は最低 60cm〜75cmの幅

 

車椅子対応では 80cm〜85cmの幅
が目安といわれています。

 

 

 

 

引き戸、外開きドアにする
  • 介助者が身体を支えながら扉の開閉がしやすい。
  • トイレの中で人が倒れた場合に外側から開けることが出来る。
  • 立ち位置を変えずにドアの開閉ができるようにすることが大切。

 

つえを使しながらも出入り、

介助者がサポートしながら出入りには、75cm以上の幅が必要。

 

車椅子対応では、80cm〜85cmの幅が必要。

 

 

出入り口の段差をなくす
  • 転倒防止のため段差をなくす。
  • わずかな段差だとかえって気が付きにくいためつまずきやすい。

 

 

開口幅は750o以上にする

つえを使しながらも出入りが出来る。
介助者がサポートしながら出入りが出来る。

 

 

 

将来に備えてバリアフリーのトイレを
選択するのも良いでしょう。

 

たった3分で優良リフォーム会社を選択できる方法

「良いリフォームができた!」と満足したいなら
あなたの家の「ベストなトイレを知る」「費用を知る」ことが大事!

簡単で手間いらず!一度に複数社の見積を比較できます!

 ⇒⇒無料で見積書や提案書をもらう